読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

れいこちゃんのどや顔と、幸せいっぱいひとこちゃんを拝む番組

それが、NW雪なうおん。


時間の都合上、まだ4分の一しか見ていないのに、語りたくなるNW雪なうおん。

こわいよ!


寝起きの頭に、れいこちゃんの美形。素晴らしい目覚めです。そのお隣にひとこちゃん。最高です。今日はお揃いのお洋服ではないけれど、それでも尊いれいこひとこちゃん。

れいこちゃんは、本当に美形だなーきれいだなーと見ていると、それは突然やってきました。歌劇で、私の思考回路を一瞬とめたれいこひとこちゃんが、風共デュエダンをすると

いう、なに?私の願望叶っちゃうの?という感動の涙なしでは見られないであろう場面について、お話をする時間が!やってまいりましたよ、皆様‼︎

(れいこちゃんとひとこちゃんの)息が、段々あってきて…と叶さんが言えば、息は最初からあっているのよ、と叶さんを威嚇する(してません)れいこちゃん。

私のせいで…と恐縮するひとこちゃんに、そんなことあるわけないじゃないの、とばかりに優しい目を向けるれいこちゃん。

ひとこちゃんがきれいなの、と愛さんにでれるれいこちゃん。

そして、極め付け。おれの嫁、可愛いすぎるな、とひとこちゃんを見て満足げにどや顔の月城さん。

完璧や…完璧やで…‼︎ れいこちゃん…‼︎

これをみた視聴者の皆様に、これでもれなくひとこちゃんはれいこちゃんのもの、と刷り込まれたわ! 私は真っ白になりながら、れいこひとこちゃん…とつぶやきながら、宝塚に降り立ったわれいこちゃん。


王妃の館、むっちゃ面白い! そして、とてつもなくゆりかちゃんが可愛い!ゆりかちゃんの可愛さが、おそろしい! なんなの、あの母性くすぐる太陽王は…。

ビバフェスタは、すみません、ずっとゆりかちゃんにやられ、ああ…と思いながら観劇していました。

ゆりかちゃん…ああ、ゆりかちゃんゆりかちゃん。

あっきーさんとりくくんが上手くいって、本当に良かったな、と心からの拍手を送らせて頂きました。あっきーさん、りくくん、どうぞお幸せに‼︎

そのお隣のバウホールでは、おれの嫁可愛いだろ?のれいこちゃんひとこちゃん雪組の皆さまがNWです。

宝塚って、本当に素晴らしいですね。

夜ご飯に入ったお店も、とっても美味しかった…。幸せでございます。


オームシャンティオーム 2017年 星組

 立ち止まるな。走れ。失敗しても、その原因を分析しながら、走れ。そして、超えろ。



 その長い道のりの末にたどりついたのが、オームシャンティオームプレお披露目だったのかなあと、そんなことを考えたりしました。ゆずるさま、あーちゃんを中心とした星組の皆様のパワーが、ぐわーっと超新星爆発を起こした感じ。

恋、親子愛、友情、憎しみ、憧れ、夢。

様々な感情がおもちゃ箱みたいに、つまっている。それが、「ハッピーじゃなければ、エンドじゃない」に収束されてゆく。興味深いのは、そのハッピーの定義が、ひとそれぞれに違うこと。そして、あーちゃんとほのかちゃんが、可愛すぎること。私、ほのかちゃんがサリーを着て踊っているところで、ほのかちゃん!おなか出したら、冷えちゃうわ!腹巻き、腹巻き! と、本気でしんぱいしてしまったわ…(余計なお世話ですよ、カエさん)

あとは、ゆずるさまの、「努力くらい、しろよ!」という台詞。この台詞が心にくるということは、私、努力してないのだな、と己を省みました。私、努力しよう。それで、最優秀パップー賞をもらうんだ…!

ゆずるさまと、せおさんも、あんなに相性が良いのですね。いけめんなのび太くんを、あたたかく見守るいけめんなドラえもんのようだった。あら、それならあーちゃんがしずかちゃんで、こっちゃんが、いけめんなジャイアンなの? こっちゃんは、超絶お歌が上手いわよ!

ぽこちゃんは、いけめんなスネ夫だね。これは、素晴らしくぽこちゃんのための、ぽこちゃんの為のお役だった。

そしてラスト、あの掛け声とともに出てくるゆずるさまがね…もうね…。

スカステさんでやってくれた千秋楽の映像とともに、あああ…と。感動で、胸がいっぱいになりました。梅田、行くだろうな。行くな。

あと、なんか、ふっと、ゆずるさまの相手役さんが、あーちゃんで良かったなあと。いや、もともと可愛らしくてすきな娘役さんだったのですが、なんか、佇まい? とか、ゆずるさまとの雰囲気が。上手く言えないのですが。

副組長さんの無茶振りに、必死についていってたあーちゃん、漢だったよ‼︎

あ、ミラーボールがくるくる回っていたのも、楽しかったです!←小学生の感想

あけましておめでとうございます

今年のお正月は天候に恵まれ、穏やかな年明けになりましたね。

皆様にとりまして、今年もまた素晴らしい一年となりますよう、お祈り申し上げます。


少し遅くなりましたが、今日が! 私の観劇初めだから! 良いのです‼︎

観劇してきました、「オームシャンティオーム」午前、午後! ←あくまでも、日本語で押し通す

良かった、とっても良かったです…。お友達に、「嫁(ゆりかちゃん)が臨月なのでぜったいに風邪をひけない旦那の覚悟で、体調管理を行なっている」とラインをしたら、こわいから! と言われても、めげずに体調管理をしていたおかげで、万全の状態で観劇に臨めました。一枚が、後方だったのですがどセンターで、延長線上にゆずるさまが…と、なんだかよくわけがわからなくなりました。ありがとうございました。

感想は後日、もう少し冷静になったら書きたいのですが、とりあえず、ゆずるさまと、兄貴ママと、せおっちのトリデンテ、最高。星あーちゃんと、ほのかちゃんが可愛すぎるし、ほのかちゃんがお腹出しているのをみて、腹巻きつけてー!と、叫びたくなった。ゆずるさまが歌っている、お歌がだいすき。心にしみる。


ハッピーじゃなければ、エンドじゃない。その一言が表す様に、とても楽しいマサラミュージカル。だけどその前提にあるのが、それを掴み取るには、それこそ艱難辛苦の努力、夢をみる力、叶えたいと願う力が必要なのだと。ハッピーエンドの物語を、自分のものにする為には、そういうことが必要なのだと、改めて考えさせられるお話でもあると、思います。とても、すきです。

梅田でやるのですね。ふうん、へえー、たこ焼き食べようかな。←ばっちりちらしも貰ってきたひと


あとは宙あーちゃんも、新公主演決まりましたね。おめでとうございます‼︎ それをみたときは、ほんとに嬉しかったです! 

今年も楽しいこと、嬉しいことが沢山で、にっこにこですね! 

あーちゃんの真ん中、しかと見届ける!

だから、今年も仲良くして下さい、劇団さん。宜しくお願い致します‼︎

今年一年ありがとうございました‼︎

このようなただ、愛を叫んでいるブログをご覧いただき、本当に感謝しております。ありがとうございます。

来年も、皆様にとりまして益々素晴らしい一年でありますように!


年末、私は某雑誌の黒髪ゆずるさまに、心を奪われておりました。黒髪万歳‼︎ あまりに素敵すぎて、見ているだけで涙が出るよ? という現象が起きていましたが、タカニュを拝見し、今のゆずるさまの髪型も最高だ‼︎ と、魂をとばした私は多分どんなゆずるさまもすきなのでしょう。インドも楽しみだなー!

てゆか、海外いきたい。来年、旅行にいきたい。インドじゃなく、バリかヨーロッパ。日本語しか喋れないけど。

ようやくれいこひとこちゃんのTPSが再放送してくれて、海外の方にも日本語で押し通し、ピクルスでマスタードをぬぐう豪快ひとこちゃんを見ることができて、私は満足です。

今年の観劇を振り返ってみても、ドンジュアン以外は、希望したものが見られた幸せ。特に、こうもりと桜華は、偶然が重なり観劇出来たのですが、特に桜華は、これ逃していたらあとで絶対過去の自分をあほだと思うものだったので、本当に良かったです。ブルレイも購入したのですが、見るたびに泣く。いちばんすきな作品で、出会えて本当に幸せだと思えた作品。

あとは、ゆずるさまゆりかちゃんの他に、ひとこもえこあーちゃんにも、魂を奪われるようになったことが、トピックスにあげられるでしょうか。宙歌バウを、めっちゃリピートしているのですが、もえこちゃんとあーちゃんがすきすぎて、お二人の歌の後に、「もえこちゃん! あーちゃん!」と、常に合いの手を入れている←実話。

そのため、札幌出張からのエリザ東京新公という強行軍を行った自分を、私は褒める。あーちゃんは、自分でもよくわからないのですが、とてもすき。なんなんでしょうね?パッション?あーちゃんのパッションが、私を誘っているのか? 私、寝る前にダウンロードした、あーちゃんの誰も寝てはならぬを聴きながら寝ます。寝てはいけないのに、よく寝れます。あーちゃんのおかげで、私、健康‼︎

ありがとう、あーちゃん!


宝塚、と一口に言っても、きっとその関わり方はひとそれぞれで、だけどとても素敵な世界がそこに存在しているのは、事実。ジェンヌさんの努力に勇気をもらい、華やかな世界に希望をもらい、自分も新しい世界へ踏み出す勇気をもらう。

宝塚に出会えて本当に良かったし、幸せです。

さて、来年はまあさまにペンライトを振らなくてはいけないので、腕の筋肉強化ですよ‼︎今から楽しみすぎて、イメージトレーニングがとまらない。


それでは、今年一年本当にありがとうございました! みなさま、良いお年をお過ごしください❤️

役者さんの凄さ

ダンスをならっています。

私のような素人が習っているレベルでも、目線、腕の高さ、その形、指先の力の入れ方など、気を使わなきゃいけないことは沢山あるのだなあと、レッスンに行くたびに新たな発見で楽しいです。

ジェンヌさんは、歌って、踊って、お芝居して、かつ常に全てにおいて完璧を求められなんて、ほんとすごすぎる…。しかも、あんなにお美しい‼︎

素晴らしすぎますよね。

そして、宙組さんの王家新公を、スカステさんでみました。

まどかちゃんの可愛さよ…! そしてずんちゃんの高潔さよ…!

私、アイーダという人物が少し苦手で、正論だけを口にして、でも最後には全てを投げうってラダメスに走るのか!と。

でも、まどかちゃんアイーダをみて、彼女は彼女なりの闘いをおえ、ラダメスのもとに走ったのだな、と感じました。

アイーダは、シャーマン的な役割も担っていたのかなあと、勝手にかんじていて。それはある意味、日本の斎宮のように少女性をはらむもので、まどかちゃんの清らかなアイーダ像が、私にはしっくりきました。アイーダを包み込むずんちゃんラダメスがまた、時代が時代でなければ、武漢ではなく文官として一時代を築くのだ、とゆうような文学青年然としていたから、そんなまどかちゃんアイーダと、とてもお似合い。

そんな二人だから、争いはやめ、慈悲と愛によって平和を求めるという、きれいごとだ、と言われかねない想いを訴えても、偽善や甘さにきこえない。彼らが、心からそれを求めているのがわかるから。それさ、ウバルドもえこちゃんも、アムネリスららちゃんからも感じました。自分の信念と、彼らがまっすぐに対峙していると思えたから。ららちゃんアムネリス、私はぐっときました。

素晴らしい新公を、ありがとうございました。

生の舞台を観たかった…。私の好きなもえこちゃんが、これまた私のすきなあーちゃんを…。ええ、私、未だにエリザ新公で、この二人の最後の審判をいれてくれなかったこと、根に持っていますからね…!←しつこい

こうなったら、いつか本公演でやってくれるまで、私は、待つ‼︎‼︎

ありがとうございます、七海さん

とりあえず、御礼を。


かいちゃんブリドリで、リアルエリザを拝見できるとは、思ってもいませんでした。ありがとうございます。あれが指輪で、公開プロポーズがはじまったらどうしよう、とあわあわしたのは、内緒です。


かいちゃんのおかげで、星組さんエリザキャストが、勝手に脳内に出来上がりつつあります。


エリザベート   ゆずるさま

フランツ   かいちゃん

トート閣下   ゆりかちゃん、特出で呼んできて、えらいひと!

ルキーニ    ことちゃん

ルドルフ   ぽこちゃん、せおっち、あやなちゃん役替わり

マダムヴォルフ    夏樹さん、女装お願いします

ヘレネ   出番ですよ、ほのかちゃん


とりあえず、以上!解散!

次の集合日は、また近々!



鮮やかな桜を思い、ゆりかちゃんを思いながらカレーを食べ、のぞみさんのお歌にびっくりした人間の日記

長いな!

でも、まとめるとこれ!


みっちゃんさん、風ちゃん、みとくらちゃんの退団公演をライビュでみました。

はじまりの琵琶の音になく、みっちゃんさん登場でなく、ゆずるさまの笑顔になく。ひからびるわ!

桜華も、ロマンスもやっぱりとてもすきだなあと思いました。出演者おひとりおひとりの気迫が、画面ごしにも伝わってきて、本当に素晴らしい作品を拝見できた感謝でいっぱいです。ゆずるさまの最後のみっちゃんさんとの演技が、東宝で観劇した時よりもシンプルになっている気がして。それは、こうしようああしようという技巧を削ぎ落として、みっちゃんさんとゆずるさまの、感情そのもののやりとりのように思えました。心にきました。そういうお芝居が出来るということは、とても幸せなことのように思います。

私、みっちゃん風ちゃんトップ時代と、その時のゆずるさま二番手時代のお芝居を観劇出来て、本当に良かったし、嬉しかったです。ありがとうございます。


その次は、ゆりかちゃんと、あーちゃんもえこちゃんが待っているわ! とはりきっていたのですがね、お仕事がね、おわらなくてね…。今から横浜行ったら着くのはあーちゃんもえこちゃんが、いーい声で階段おりてるわ、と判断し、カレーを食べておりました。なんだかとても面白い支配人さん?かな?がいらっしゃって、おれのゆりかちゃんに会えなかった寂しさがまぎれました。あと、すっごい美味しかった! また行きたい。


その翌日の雪組さんは、観られた!良かった! ひとこちゃんが、ひとこちゃんが、素敵すぎて…!

私、ご贔屓と、それ以外のすきー!と思うジェンヌさんの見分け方がわかりました。

ご贔屓さんはね、見ると心臓にきます。ひとこちゃんをみると、心臓が喜んでおりました。てゆか、頭小さすぎます。ひとこちゃんになら、怒鳴られても良いです。むしろ、嬉しい←あなた…。

あと、のぞみさんの歌声を初めて生で聴いたのですが、なに、あれ…。運命の場面が、あまりにすごすぎて、感情が爆発しすぎて、思わず叫びたくなりました。欧米や欧州の方が、ブラボー‼︎と叫ぶ気持ちが、初めて理解できました。初めてづくしの、のぞみさん。あの場面、続けて10回くらいみたい。

のぞみさんの出演する舞台は、必ず観に行かなければと、決意した冬のある日。

のぞみさんと、面白支配人さんのおかげで、次にゆりかちゃんに会えるのが、ちょっと先になったよ、ということを一瞬忘れることが…忘れる…ゆりかちゃーーーーーん‼︎


という、日記でした❤️