読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

ほんとうに

出来た方ですよね、ファラオとアムネリス様。スカステさんでやっていた「王家に捧ぐ歌」を鑑賞しての感想。
去年劇場で観た時は、ゆりかちゃんウバルドに心を奪われ、気づいたら、まあさまとみりおんがお船に乗って歌っていた…。
ゆりかちゃん、こわい…‼︎

因みに、実際に舞台を観るとそうは思いませんが、タカニュの映像ゆりかちゃんフランツを観ると、え? 私、このひとと結婚するなら、お姑さんがゾフィーでも、全然大丈夫だよ! となる。朝起こしてくれる? まあ、お義母さまお優しい! とまで思える自信がある。だって、旦那が、ゆりかちゃんだよ…⁉︎
(そこか…)(そこです)

そんな皇帝ゆりかちゃんが、全く正反対のお役であるテロリストを演じる王家。
冷静に鑑賞したらわかる、みりおんを守ろうとするゆりかちゃんの、私がみりおんなら鼻血を出しているであろういけめん具合。
ちがう。いや、ちがわないけれど、ゆりかちゃんから、少しの間、はなれて! 最終的には、ファラオとアムネリス様の、王族としての素晴らしき存在ね!
私、ほんとになぜラダメスが、アムネリス様を選ばないかがわからない。ファラオの寛大さ! 長期視点で物事を見られる柔軟な思考! アムネリス様の決断力! 誇り高き強さ! すき!
アイーダも、素晴らしい考えの持ち主です。あの時代には、きっと珍しかった。でも、彼女は、自分からは殆ど何もしない。どれだけ素晴らしい考えを持ち、それが世界の平和に繋がると知っているのなら、なぜそれを他者に理解してもらおうとしない。私のこと、分かってくれるでしょう? 私は他の人とはちょっと違うけれど、でもそんな私を、分かってくれるでしょう? という、厨二病か…! 
と思ったの。ごめんね、アイーダ
だけど彼女は、ラダメスに愛してもらえなかったら、ただ自分の思想を抱いて、ただなぜ世界は自分を理解してくれないのだろうと悶々としながら、過ごしていたのかなって。
アムネリス様は、きっとその間に次々と色んなことを決断していくのに。
きっと、好みの問題なのでしょう。私は、自分で決めて、行動出来る人間が好きなのだと思う。そんなことを考えた王家スカステさん鑑賞でした。

あと、ぽっぷあっぷ宙組さんを見ました。りんきらさんが、どの国の美女が好みー? という、本来であれば、非常に軽く、たんぽぽの綿毛並みにライトなお話になるはずなのに。なるはずなのに‼︎ まさかの、世界情勢を踏まえたうえでの、ご考察ね…! たんぽぽの綿毛が、一気に屋久島の縄文杉にまで成長しましたよ、りんきらさん…! 流石ツェップスさんだなと思いました。
彼が主軸になって事を進めていたら、革命成功したのでは?としか思えない。
影の主役、ツェップスさん。(ちがう)(いや。ちがわないかも)

東京公演も楽しみですね❤️