読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

エリザベート 2016年 宙組 新人公演

すごかった…。


ちょっとまだ、頭の整理がついていないのですが、とりあえず書きたい。

この新人公演を見て、トート閣下、エリザベート、フランツ、ルドルフ、ルキーニが、それぞれままならない愛情を抱いていて、だからこそ、切なくてやりきれないと思った。


もえこちゃんトートは、本当にシシィ以外に興味がないトートだった。ほしいものはシシィだけで、それ以外はきっと彼にとっておもちゃみたいなものなのだろう。

私は今まで、「死は逃げ場ではない!」というトート閣下が理解できなかった。だけど、今日は初めて、シシィに愛されていないという現実を見せつけられたトートが口に出来た、ただひとつの言葉だったのだろうな、と。本当は、おれのことを愛してほしいと言いたいのに。

もえこちゃんの歌がまたすごくて、なんなんでしょうね。特に、そらくんとのミルクの場面と、たかと先輩の闇広は、鳥肌がたった。そらくん、駒の芯みたいだな、と思った。

よく響くアルトの良い声で、エリザベート

世界を動かす。だけど、皇后暗殺の場面で、今まで冷静にええ声でストーリーテラーをしていたルキーニが、文楽で綺麗なお姫様のお面が、一瞬で般若に変わるように、狂気そのものになる。ルキーニもまた、トート閣下を崇拝していて、彼のために何かしたくて、だからナイフを渡された時、本来の顔が表にあらわれた。

裁判官が、問うていた。皇帝が、皇后を愛していたから、暗殺したとでもいうのか、と。

そのとおりだったのかもしれない。崇拝するトート閣下に与えられたナイフで、彼の為に動く。こんな幸せなことはないと、ストーリーテラーをはなれ、ただの人間になったルキーニの幸せは、それだったのかもしれない。

あーちゃんフランツもね、泣きましたよ…。もうお願いだから、シシィ、ドア開けてあげてって思った。夜のボートも、本当に心に沁みて。フランツは、彼のやり方で、本当にシシィを愛していたんだな、と。ほんとにね、素晴らしかったです。

エリザベートは、皆が皆、主役なのだな、と思いました。それぞれが、大事なひとのことを思い、動いている。それは、心をもつものの真理なのかもしれませんね。


そして、覚え書き

せとかさんゾフィー、最高! 「顔は洗ったの⁉︎」が、むちゃくちゃ怖かったです。いーいゾフィーです!

もえこちゃんと、たかと先輩の声の相性が良いのだな、と思った。あーちゃん、そらくんも一緒にばんばん歌ってほしい。私が聴きたい!

マデレーネがとても好みで、むっちゃみてた。いいねえ。

あーちゃん、お化粧と髪型かえた?いけめん度がうなぎのぼりですよ!

もえこちゃんも、目のお化粧が、切れ長気味? もえこちゃんの猫目が大好きな私は、本気で感謝しました。素敵。

あと、一押しは、もえこちゃんとたかと先輩の闇広。すでに、また聴きたい。あれは、すごい。


ほんとうに、観られることが出来て良かったです。こんな舞台を観劇させて頂いて、ありがとうございます‼︎