読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

New Wave雪 2017年 雪組

 バレリーナ吉田都さんの著作を拝読していて、印象に残った言葉。


 変化を受け入れるから進化する。


 ふと、この公演のことを思い出しました。出演者全員が、一生懸命できらきらしていて、それは昨日より今日、1秒前より今、と前へ前へ進もうと努力されているからなのかな、と。とっても楽しい公演でした!

 というか、れいこちゃんの美しさはなんなん…と、常に問いかける公演。れいこちゃんて、ごはん、食べるよね…?(存在を疑う)


 そんなれいこちゃんが雄々しく歌う「散らば花のごとく」がとてもすきでした。馬が、お馬さんがみえるよ、れいこちゃん! だけどその次にはお国が変わり、いーい発音で前田さんからバトラーさんに早変わり。そうです、私が歌劇でこの場面があることを知り、チケットを取っていた自分を褒め称えたれいこちゃんひとこちゃんの風共デュエダン!

まあ、ひとこちゃんとってもきれいよ…‼︎ 私がみた回は、鬘が金髪ではなく、も少しブラウンぽくて、ことちゃんアデレイドのボブっぽい感じだった…気が、する。すっごい可愛い‼︎と、感動していたのですが、記憶違いじゃないよね…。でも、ひとこちゃんが可愛かったのは、事実だから、まあ、いいや。少し高飛車にれいこちゃんが差し出した手を、つん、とするのが、ひとこちゃーーーん! というくらい、似合っていました。ほんと、ありがとうございました。

 お礼といえば、私はロックオンがとてもすきなので、叶さんと愛さんが歌われたとき、生歌ロックオン…!と、感動しました。かっこよいし、おふたりとも美声。様々なシーンで、このおふたりは、若さあふれるポップコーンみたいな出演者の透明な膜になっていた感じ。私たちが包み込むから、すきなだけ飛べ!みたいな。素敵だなあ、と思いながら拝見していました。

 そしてひとこちゃんも、素敵…素敵でしたよ。魂がぬけるくらい…。すっごい勝手にひとこちゃんは、水晶みたいに透明なんだけどそこに少しだけゆがんだ小さな傷がある感じが良いと思っていて。野々花さんと踊ったエメも、良い…‼︎と、思い、だがしかし、ロミオも良いがティボルトひとこちゃんを私は見たい、と劇団さんに祈りを送る。

 声もクリアな中に、少しハスキーさが混ざりますよね?(麦酒の話ではありません)

  そんなひとこちゃんが歌う「夢の城」という曲を初めて聴いたのですが、とてもきれいな曲ですね。色々な雪組さんの公演を知ることが出来たのも楽しかったです。NWって、こういう楽しみもあるのですね。

 あとは個人的に、れいこちゃんがひとこちゃんを、「ひとこ」と呼ぶのを聞けて満足です。爽やかで素敵な時間を、ありがとうございました‼︎ お隣の大劇場では、色気大爆発のよさこいが絶賛上演中です。緑と紫。組カラーを如実に体現していて、面白いですね。



 ゆずるさま、ゆりかちゃん、ひとこちゃん、もえこちゃん、あーちゃん。三文字の名前に弱すぎるな、あーちゃんは、あーちゃんだな。タカニュ新公のあーちゃんに泣き、まいあちゃんの美脚を拝む。あーちゃんのあの決めポーズの舞台写真を早急に頼むよ、早見くん!