読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

スカーレットピンパーネル 2017年 星組

 3月10日。ゆずるさまと、あーちゃんの御披露目公演初日。そして、星組さんの新たな出発。


 穏やかで、暖かい日でしたね。そしてその暖かな空気は劇場にも流れていました。ゆずるさまアナウンスに、割れんばかりの拍手。そして、静かにすすり泣く声も。

 そうですよね、嬉しいですよね、私も嬉しいなあ、とぼんやり思ったのも束の間、パリの民主の迫力に、一気にスカピンの世界に引き込まれる。もうね、舞台上のエネルギーで、客席がからめとられる感じ。

 私はスカーレットピンパーネルという演目がすきで、星組さん初演のものをDVDで何度も何度も見ていました。だから、ストーリーや台詞もほぼ頭に入っていて、ひとりスカピンが、多分出来ます。←結構ですと、ショーヴランさんにとめられますよ、カエさん。

 だけど、今回初日と翌日の11時公演を観劇したのですが、初演とは全く違うスカーレットピンパーネルがそこにありました。

 まず、マルグリットあーちゃん。アルマンとマリーが、地に足のついたしっかり者のカップルに見えました。対照的に、あーちゃんマルは、若く美しい娘の特権を無意識に振りかざし(特にショーヴランに対して)、もう自由奔放に生きている感じ。だからこそ、革命の初期は急進派として活動していたこともあるけれど、でも現実を知り、すぐにそれを捨て去り新しい世界に進んで行くある意味若さ故の傲慢さを持つ女性ということに納得が出来ました。そんな素直な女性なので、パーシーの一挙手一投足に感情が揺れ動いたり、どうにかしてパーシーと一緒にいたいと願うその純粋な少女性が際立っていた気がします。パリにきたショーヴランと二人でいるところに、パーシーが現れたときのあーちゃんの可愛いさよ…。可愛すぎて、連れて帰りたくなった←やめてください。

 純粋マルグリット可愛い…と思っていたのですが、ゆずるさまパーシーもそうなのだなって、今回初めてパーシーという人物にそのような感情を抱きました。私、なんでパーシーが、フランスの貴族を助けているのかな?って、思っていたのです。それは、パーシーの中に、自分の信じる正義があって、助けを求めているひとがいるのに、自分の保身に走り、その正義を行わないことは許せないひとなのではないかな、って。

 賢く、行動力もあり、仲間からの人望もあるし、本当の自分を見せたくない人物には、それを隠す術も身につけている。だから、どこか世間慣れした印象だけど、でも本当は自分の信念を信じて行動する、このひともまた純粋な青年なのだと。だから、しーらんに、恋をしたにいちゃんは、少年のようだったで、と言われちゃうんだよ!ゆずるさま!

 そして、ことちゃんショーヴランも、愛するマルグリットが、自分をこの暗闇から救ってくれると、盲目的に信じている透明な純粋さを持っている。

 もちろんお話の中心は、ピンパーネル団の活躍にあるのだけど、この三人が絶妙な純粋性を醸し出しているから、アルマンマリーのしっかり地に足がついてます!カップルや、シャルルのひとを信じる強さ、かいちゃんロベスピエールの「自分の信じる正義」を遂行する意味が、際立っていたような気がします。

 初演をただなぞるのではなく、今のゆずるさまのパーシー、あーちゃんマルグリット、ことちゃんショーヴランである意味。そして、その三人を含む星組のみなさんの、これが!今の!星組です‼︎‼︎という、とてつもないエネルギー。ほんとうに、ほんとうに、素晴らしい舞台でした。鳥肌たちっぱなしだし、ブラボーって叫びたいし、民衆のみなさんのあの迫力はどこからくるのか聞いてみたいし!めっちゃ、こわかったです‼︎


あと私、舞踏会でプリンスのクラバットを直す場面で、「さあ、みんな」と台詞を言うときの新公ゆずるさまの目がとてもすきで。今回は? と注目してみていました。

①初日  ことちゃんショーヴランに、投げキス

②翌日11時公演  ことちゃんショーヴランに、ウインク

結論   ことちゃんが、羨ましい


ひとかけらの勇気をパーシーがシャルルに伝え、シャルルがマルグリットに伝え、マルグリットがパリの民主に伝える。パーシーが自分の正義を元に起こした行動は、巡り巡ってパリの貴族のみならず、民衆の笑顔の一助になった。うん。世界は、優しく、美しい。

大羽根を背負い、階段を降りてきたゆずるさまを見て、そんなことをぼんやり考えたりしていました。

ほんとうに、ほんとうに、素晴らしいことが、この世界には満ち溢れているのでしょう。本気になって、世界と向き合えば。

 それを実践してきたひとが、トップになる。楽しみで、しょうがありません。

 

あと、あーちゃんの可愛さはなに?神がかってませんか…? スチール目にした瞬間に、手にとったよ! ひとこちゃんスカーレットの舞台写真と一緒に買ったよ!大満足だよ! きっと、つきしろかなとさんも、ひとこちゃんのお写真、おれの嫁可愛いなあと眺めているのだろうなあ。ライバルだなあ。