読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

エリザベート 2016年 宙組

正直、頭の整理が追いついていません。それくらい、私にとっては、衝撃の舞台でした。

今まで、スカステで放映されたエリザベートとは、全くちがう。

頭と感情の整理がついてから、再度きちんと感想を書きたいと思いますが、今の気持ちをメモ。


エリザサベートに、私は初めて包容力を感じました。それは、ヴィンディッシュ嬢とのやりとりであったり、ルドルフに対する感情の表し方であったり。フランツも、ちゃんと優しい夫なんです。ルドルフに対しても、父親だからこそ、ああいう接し方になる。ルドルフも、きちんと自分の意思や考えがあって、決してただの操り人形ではない。

今まで私が見たエリザは、シシィとトート閣下の物語でした。だけど、この宙組さんのエリザは、フランツ、シシィ、ルドルフがきちんと家族で現世を生きていて、トート閣下はあくまでもこの家族とは生きている世界が違うんです。黄泉の帝王だから。そう、ルキーニが言う意味がよくわかるんです。


宙組さん、すごいと思いました。エリザベートという作品に対する私の見方を、180度ひっくり返してくれました。

もう少し時間が経って、整理がつけば、また違った感想がでてくるかもしれない。だけど、今感じる素直な感想。すごい作品をみた、と思いました。


東京で、あっきーさんルドルフを見られるので、そうしたら、また違った視点から考えられるかもしれない。よかったー、あっきーさんバージョン取れていて。もっかい、ちゃんと考えられる!


本当に見ることができて、良かったです。

そして、ゆりかちゃんの素敵具合ね。

オペラあげすぎて、肩が痛いよ、ゆりかちゃん。