読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

あなたはそこに、佇んでいました

約束の時間まで、ふと時間があき、何気なく行ったその場所に、あなたはいました。

私があなたを見て、驚いたことが分かったでしょうか。あなたは美しすぎ、そして、その言葉は私の心をふるわせました。

あなたは冬の空のように透明な純粋さで、ただそこにいただけなのに。


って、分かっていますか、歌劇2014年2月号さん!

もうね、やられましたよ! 雪組いけめん五人衆のポートに! なに、これ、聞いていない! ←雪組さんファンの皆様は、とっくにご存知のはずですよ


古本屋さん、こわいですね。ひとこちゃんの、あまりのいけめんに、天を仰ぐ。仰いでも、いけめんはかわらない。ひとこちゃん…と思いながら読み進めれば、いけめん五人衆のトークも載っている。面白い。

私もあすくんのように、時間の使い方が上手くなりたい、カリさんがミッキーのぬいぐるみをひとこちゃんにプレゼント…プレゼント…。まなはるさん、惚れる…。

そして、れいこちゃ…れいこちゃん?


ひとこがちょっとへこんでたりすると、私もいやだって思う、そんな存在です

(五人衆が、それぞれお互いの魅力について語り合うときに)


れいこちゃん、それは、恋だよ…? ←ちがいます