宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

星組さんの

ベリリン、わが愛を観劇。なに、これ。めっちゃ良いじゃないか!

星組さんの

ベリリン、わが愛を観劇。なに、これ。めっちゃ良いじゃないか!

神々の土地 2017年 宙組

 豪華な額縁の中で繰り広げられる、ひとつの時代のおわりとはじまり。こんな世界を描き出す事に携われたひとたちは幸せだろうと、そんなことを思いました。

 ライビュで、二回目の本公観劇。よく、「役として生きる」という言葉を聞きますが、まあさまドミトリーをみて、はじめてその意味が実感出来ました。初回観劇時と、印象がぐるりと変わったのは、ドミトリー、ゆりかちゃんフェリックス、まどかちゃんオリガ。皆さん、台詞とその後ろにある本当の感情がちがうから、単純な私は一度では、それが分からなかった。だけど、それが読み取れると、このお芝居、すっごいな…と、もう尊敬しかない。フェリックスも、最初は、いけめんだがよくわからないな…と思っていたのですが、どこだっけ?一瞬、このひとは全てドミトリーの為に動いていて、それを悟られるのを隠したがっているんだ、という事が伝わってくるところがあって、もう感情をゆさぶられました。オリガも、ほんと分からなかったんです。最後のアレクサンドラとのシーンも、調子の良いことばかり言っちゃって、と。だけど、いくら国民から批判されようと、ニコライとアレクサンドラは、彼女の両親です。そしてドミトリーも、大切な人間。その両者を助ける為には、彼女にとってあれが、あれだけが取る事の出来た最善策だった。そんな聡明なオリガだからこそ、アレクサンドラの言葉に、自分たちの行く末を覚悟したのでしょう。愛情と諦観が入り混じったオリガの最後の台詞は、すごいなと思いました。

 まあさまドミトリーと、うららさまイリナは、もうね、美しい。姿もだけど、台詞も醸し出す雰囲気も全てが。なんか、お互いがお互いに片思いしていて、周囲にはばればれなのに、当の本人たちだけが必死になって隠している感じが、素晴らしくときめきました。だいすきです(告白)。なんとなく個人的に感じる、まあさまうららさまコンビのイメージが、それなんです。お互いがお互いに片思い。主演男役、主演娘役と、公式には記載されなかったお二人ですが、私の中では片思いコンビとして、永遠の存在になると思います。まあさまも、うららさまも、本当にだいすきでした。私は今、こうして宝塚の舞台を観劇出来ることを、本当に幸せだと思います。

 そして、安定のりんきらさんと、愛ちゃんの素晴らしさね! お二人が登場するたびに鳥肌ね! 私、アレクサンドラとラスプーチンのFC会員なのか? だってしょうがない。りんきらさんの、ベールに覆われた棘のついたままの薔薇のような痛々しい美しさよ…。あれは、しょうがない。りんきらさんを、アレクサンドラに配した方々に、心からの感謝を。


 あと、ショーで、うららさまの高笑いと、蔑んだような美しい微笑を見せて下さって、本当にありがとうございます。うららさまの高笑いは、至上だと思います。あと、まあさまに宝塚の入り方を啓示してくれた佐賀新聞さんの素敵さね。 まあさまの舞台を私たちが観劇出来たのは、夢乃さんの記事を載せてくれた佐賀新聞さんがあってこそ。いくつもの小さな奇跡が重なって、まあさま率いる宙組さんの舞台を観劇出来たこと。本当に、本当に幸せでした。ご卒業された皆様のこれからの道も、素晴らしいものでありますように。

今月発売歌劇のひとこちゃんが発する影響力についての考察

 ①無意識に雪組さんのチケットを申込むひとが続出

 ②ひとこちゃんのだるまを思うことによって生み出される情熱を、各人が各持ち場によってむだに発揮


結論  ①と②の推論から、経済の活性化がもたらされることが予想される。よって、ひとこちゃんだるまは、日本経済に影響を与える可能性があることを無視出来ない。


 そりゃあ無視出来ないよ、野口先生‼︎なんてことを、考えてくれたのだ。おかげで、まんまとチケットを申し込んでしまったよ!楽しみだよ! ←八つ当たり

劇団さんて、ほんとこわい。小説にはまっていて、少し宝塚と距離ができるかな? と思った途端、ひとこちゃんだるまを投入してくる。あーちゃんラスプーチンを投入してくる。

というわけで、「神々の土地」本公演と新人公演の観劇も、出来ました! なんというか、絵画のような舞台ですね。それこそレンブラントのような。どの場面を切り取っても、絵になるのではないでしょうか。光と影がそこにあって、私はりんきらさんのアレクサンドラが、とてもとても印象に残りました。少しだけの火花でも、その感情を揺るがしてしまうスイッチが入りそうな痛々しさ、こわさ。そして彼女がすがりつかざるを得なかったラスプーチン。この二人が影だとしたら、その暗さのせいで余計まぶしく見えてしまうドミトリーとイリナ。

闇が深いと、それだけ光はまぶしく感じます。ぞっとするようなアレクサンドラ一家の闇が、皮肉にもこの作品の「光」の部分を、より輝かしいものにしていたような気がします。りんきらさんと、愛ちゃんが、うん、すっごく私の中ではものすごかったです。

その愛ちゃんのお役、ラスプーチンを演じたあーちゃんも、なんか、途中からいっちゃった?みたいに感じました。農民は祈るしかない、というラスプーチンの台詞があります。お金も食料も、身分もない。それなら、自分の住む土地と神に祈るしかない。その感情を具現化したひとつの形が、ラスプーチンなら、その農夫に国の妃が心酔しているなんて、そんな皮肉なことはない。そんなアンビバレントな存在なら、恐ろしければ良いのだと思います。ひとに、神と自然の豊かさと怖さを伝えるのだから。愛ちゃんも、あーちゃんも、不気味でした。決して格好良くはなかった。だけど、ロシアの地にうずまく様々な感情をこねくりまわし、ひとの形にしたような不気味な存在感がありました。そんなあーちゃんを、私は観ることが出来て、本当に良かったと思います。


ライビュチケットが、幸いにも取れたので、もう一度、じっくりと観たいと思います。楽しみです。

ひとこちゃんだるまのお話から、結構真面目な感想になったことに、ちょっとびっくりしました。ちなみに、私の一番のお気に入り場面は、アレクサンドラとラスプーチンの銀橋渡りです❤️

ミステリの醍醐味

とは、なんだろう?

 そんなことを考えるくらいに、ミステリ熱が再燃してしまいました…。有栖川先生の新刊が、面白いから…。あー、火村シリーズ読み返したいなあ、読み返そう、なに、これ、めっちゃ面白いよ!になり、他の作家さんたちにも食指を伸ばし始め、今に至る。ああ、一気に蔵書が増えたとも‼︎ そして、図書館万歳‼︎

 私は自分でもなぜ高校生のときに、その嗜好だったのかわからないのですが、西村京太郎さんに代表される鉄道ミステリがすきで。小説片手に、文中に出てくる時刻をルーズリーフに記入しながら読むという力の入れよう。女子高生なのに。それが、今でも忘れない島田荘司さんの、「占星術殺人事件」を読んだ時に、ものすごい衝撃をうけまして。本格ミステリとは、こんなに面白いものなのか!と。綾辻行人さんの、「十角館の殺人」はもう、本格ミステリの聖書だとおもう。うん、これも買い直した。聖書だから。

なので、宝塚と推理小説にはまると、とても時間を効率よく使うことに気づきました。無駄なことに時間をつかっちゃうの、というそこのあなた。宝塚と、推理小説にはまれば宜しい。このふたつを両立するために、ものすごい勢いで仕事おわらせるから。定時帰宅万歳‼︎ 働き方改革にも、どうぞ。


 そして、火村シリーズを再読して、気づきました。これ、ゆずるさまとことちゃんで出来るのではないかと。小柳先生か、生田先生の出番ではないかと。

 そのようなことを、友人とラインでやりとりをしていました。そうしたら、色々な組合せが可能なことに気づく。あくまでも、宝塚の暗黙の了解及び、組内という前提をむししたお遊びです。その中で、特に観たい!となったコンビが、あやなぴーすけくんと、ひとこあーちゃん。前者が火村先生で。同期コンビですね。こんな夢の舞台を、劇団さんやってくれないかなあ。やってくるないかなあ。←大切なことは、二度言います。

はああ、世の中に、まだまだまだまだ沢山の面白い本があるということは、幸せですね。あーちゃんの、ラスプーチンも待っているし! そういえば、不滅の棘の愛ちゃが美しすぎて、拝みました。あーちゃんも不滅組なので、とても楽しみです。そして、あーちゃんアリス、関西弁よ、こい‼︎

神に感謝する本屋さん

 まあさま、あーちゃんに壁ドンして下さってありがとうございます‼︎‼︎  グラフってこわいですね、ほんとに素晴らしいですね…。

 まあやちゃんも、かっこよくて、素敵ー! と思いながら読んでおりました。


 雪組さん全国ツアーの、「琥珀色の雨にぬれて」も観劇出来ました。

琥珀自体、スカステさんでも観たことがなく初観劇だったのですが、面白いですね。すき!

 まあやちゃん演じるシャロンが、なんというか、美は力になり得るのだけれど、だけどそれは永遠に続くものではないと分かっている感じが、もうあなたしか見えない状態ののぞみさんクロードと反比例しているようで、すごくときめきまかぜ。ちがう、ときめきました。きっと、今自分をちやほやしている取り巻きたちも、あと数年したら新しい花を見つけてそちらにうつるのでしょう、と客観的に、そして諦観をもって見ている感じが、まあやちゃんー‼︎みたいな。だから、最後にクロードの前で、楽しみすぎて昨日は眠れなかったわ、と無邪気に笑うまあやちゃんが、ようやく本当の気持ちを告げてくれたようで、クロードと一緒に、「シャロン…」と言いたくなる。だからこその、観劇しおわった後の、切なさよ…。でも、りさちゃんに対して、2人の仲をじゃましおって‼︎みたいな感情は、わきませんでした。りさちゃんが可愛いけれど、どこかその可愛さを自分で分かっておらずまだ幼い様子で、ただひたすらにのぞみさんを思っているように見えたせいかもしれません。これが、少しでもあざとさを感じさせられたら、感想は違ったかもしれません。のぞみさんの純粋さもね、もうね、ああこのひと、ほんとにまっすぐに何不自由なく育てられたのだろうなあ、と。結果的に、まあやちゃんも、りさちゃんも傷つけてしまったけれど、こういうまっすぐなひとがいることは悪くないと、第三者なら言える。当事者なら、少し腹は立つだろう。

 まっすぐなのぞみさん、素敵でございました。ショーも、とっても楽しかった! まあやちゃん、かっこいい‼︎  あのようなトップ娘役さんも、素敵ですねえ。ほんと、めちゃくちゃ楽しかった! これからの雪組さんも、とっても楽しみですね。

 今回は、母と観劇に行ったのですが、母、のぞみさんが出てくるとオペラあげる。なに? のぞみさん? のぞみさんなの、あなたのフェアリーは。いけめんのぞみさんのパンフを、いそいそと持って帰っていたので、おそらくそうなのだろう。今度、のぞみさんのお写真とカレンダーをプレゼントしようと思う。劇場に、一緒にみにいこう。そこで、ひとこあやなちゃんに反応したら、ときめきのDNAは遺伝するということになる。全く興味深い研究だ。

お姉ちゃん、うっかりしてた

 弟夫婦の結婚式の日取りが決まりました。親族だけなので、余裕ーと、私は気軽に考えておりました。だが、なんかあわただしい。

弟「お姉ちゃん、髪のセットどうする? 式場でやってもらう?」

私「え、もう決めなきゃだめなの? まだ、ロシアにいるゆりかちゃんも見ていないのだけど」

弟「早く、決めて。おれ明日、打ち合わせに行くんだから」

私「…式場で、やってもらう(ゆりかちゃん…)」

翌日。

弟「お姉ちゃん、結婚式当日、◎時入りね」

私「はやっ! ゆりかちゃんもまだ…以下略」

 というようなことが、色々とあり、同様の状態にある母と、もしかして、私たちも弟夫婦同様、結婚式準備で、ぱたぱたしているのでは? なぜだ、親族だけなので余裕のはずなのに、と語り合う。のんきなのは、父と、可愛いだけが取り柄の愛犬だけだ。

 それを知人に話したところ、「そりゃ、そうだよ‼︎」と、間髪入れずに答えられる。「いくら親族だけの結婚式と言っても、その家族がやることが変わるわけじゃないんだから、準備しなきゃいけないことが沢山あるのは当たり前!」

 ゆりかちゃんがいけめんなのは、当たり前。

 多分、私がこう口にするときも、知人のようなどや顔をしているのでしょう…。目から鱗、お姉ちゃんうっかりしていたよ、弟よ。なので、グラフで、私あまりミスしないんですよーと語れるたまきさんの尊さを、拝んだよね。ゆずるさまも、拝んだよね。

 ロシアベルリンを楽しみにしている姉は、可愛いだけが取り柄の愛犬と必死に仲良くなろうとしている可愛い義妹と、たまきさんのようなしっかり者の弟の結婚式を、とても楽しみにしている。