宝塚ひとこと日記

宝塚について、簡潔明瞭に

笑顔と忍耐の先に勝利があった

 カーリング女子銅メダルかあ…。本当に、おめでとうございます‼︎ 泣いたよ。嬉し泣き。

  今回のオリンピックでは、あの可愛い選手の皆さんの試合を、一番観ていたような気がする。そのおかげで、ようやくカーリングのルールが理解出来ました。理解出来ると、より面白いですね。選手の皆さん、本当に可愛いし。おやつタイムもすごく楽しみで、その神聖な時間にCMを入れてきた某局には、本気で怒りを覚えたくらい。

 でもそんなこと、カーリング選手の皆さんに比べたら。本当に、我慢して我慢して、一点を搾り取る競技なのだなあと、ようやく理解。本当に、少しずつ積み重ねていくことでしか、勝利にたどりつけない。大切なことを、教えてもらった大会でした。選手の皆さんに、本当に感謝です。世界は、広く、素晴らしい。

不滅の棘 2018年 宙組

  エロールにとっての不滅の棘とは何だったのだろう?

 今でも、わからないのです。フリーダへの愛だったのか? それとも、不老不死の体になって、早くフリーダのもとへいきたいと願いながらも、それでも生きなければならないと思うそのアンビバレントな感情だったのか。後者なら、悲しい結末を選んでしまったクリスティーナへの、「生き急いだな」という台詞の理由がわかるのです。自分は、父親の薬のせいで、不老不死の体を手に入れた。手に入れたからこそ、フリーダ・プルスと出会い、愛し合うことになった。本来の彼の寿命では、会えなかった女性と。だからこそ、エロールは薬の調合内容が記された赤い封筒を手に入れることを望んだのではないかと。

 生きることに疲れ、もうすぐ砂になることを理解していたなら、わざわざその封筒を手に入れようなんて、思わないような気がするのです。だけど、彼はその封筒を熱望し、自分の子孫のフリーダ・ムハに、その行く末を託した。いわば、その赤い封筒は、エロールとフリーダを結びつける赤い糸で、自分で簡単に灰にしてしまえるものではなかったから。そんなことを、考えました。

 もうね、愛ちゃんが、愛ちゃんで、素敵すぎました。愛ちゃん、すごいわ。二幕終盤、見た目は変わらないのに、言葉を発するたびに、疲れ果て、どんどん年を重ねていくような演技と、最後のお歌に泣きました。エロールの感情が、本当に見ている側の感情に訴えかけてくるようで、愛ちゃん、魂を削ってこのお役を演じているのだな、と。本当にすごかったです。ららちゃんも、本当に良かった! 若いうちにお金がほしいーと、欲望そのままソングの登場は楽しすぎましたが、フリーダ・プルスのような芯の強さが、どんどん出てきて、確かにこのひとはエリイの愛したひとの子孫なのだという説得力がありました。あと単純に、ショートららちゃんがめちくちゃ可愛い。

 可愛いといえば、あーちゃんまいあちゃん兄妹ね! もうほんと、このふたりは純粋すぎて。真っ白な世界の、真っ白なふたり、という感じで、強烈に印象に残りました。ただ同じ純粋でもまいあちゃんは女性としての純粋さ、あーちゃんは子供としての純粋さを演じていたように感じて、そこも興味深かったです。せーこさんに向かって、「ちゃんと読んだらすぐき心臓がとまるはずだ」が、本当に彼はそう思って言っているのだ、ということが伝わってきて、だからこそアルコールに逃げなければ生きていけないハンスの悲しさがと弱さが分かって、余計に、あーちゃーーーん‼︎ と思う。うちのこになって、ええんやで。アルコールはあげませんが、愛情は沢山あげます!  まいあちゃんもね! でも私、せーこさんもだいすきです。あーちゃんのヒースクリフが、益々みたい!と思わされました。

 ということで、2018年観劇始め。素晴らしい作品に出会えたな、と心から思います。お衣装も、音楽も、素晴らしい。あとはほんとに、愛ちゃんすごいな、と。ここまでの世界観に耐えらる人間、愛ちゃん。尊敬します。

瞳に星を飼う漢、あやなちゃん

 スカステさんの番組で、通天閣に上るあやなちゃんをみて、思ったこと。

 この子、目に星がある…。

 少女漫画を体現する男役、それがあやなちゃん。目に星があるひとって、実在するんだ…。


 あと、全く関係ないのですが、神餃子に出会いました。美容師さんに教えて頂いて行ってみたのですが、何これ、すごい美味しい…と、頭の中で美容師さんを拝みました。美味しすぎて、またすぐ食べたい。多分今の私の脳内は、あやなちゃんと餃子が殆どを占めています。ありがとうございます。

ヅカオタニーズが分かる漢

それが、スカステ。


ゆずるさまとあーちゃんの、お姫様だっこを放映して下さって、本当にありがとうございました。

不滅の棘をみました

 感想は、このなんとも言えない感情に言葉をつけられるようになったら書きたいと思うのですが、ちょっと感情をはきだしたい!


 午前午後の二回観られたのですが、なんというか、それぞれの感情がすごい伝わってきて、心臓がでんぐり返しです。

あーちゃんまいあちゃん兄妹の、純粋で繊細さ故の痛々しさね…。あーちゃんは、母親からの愛情がほしいのに、それを上手く表現出来なくてお酒に走っているのが、もう。捨てられた仔犬のようで、あーちゃんは私が育てます!と、せーこさんに直談判しようかと思った←やめてください。本当は優しくて繊細だから、同じ気質を持つ妹をすごく心配するし、その妹まいあちゃんも、ほんとすごかった。あーちゃんとまいあちゃんは、きれいな水の中でしか生きられなかったんだよ…。

愛ちゃんも、きっとそうだったんでしょうね。父親に実験台にされたうえ、気の遠くなる時間をひとりで生きかければならない孤独。終盤の愛ちゃんのお歌が、本当に素晴らしかった。心で歌う、とはこういうことなのかと思った。

観られて、本当に良かったです。感情を揺さぶることの出来る役者さんて、本当に凄いと思います。尊敬。

スターゲイザー

 久しぶりに、スピッツの曲を聴く。とてもきれい。以前、屋外フェスでスピッツを聴いたとき、夕暮れに向かっていくなか、草野さんの歌声がその空に溶けていきそうで、こんなに透明な声を持ったひとがいるのだなあと、感動したことを思い出しました。

明けましておめでとうございます

 今年一年もまた、皆様にとりまして素晴らしい一年でありますように。


 不滅の棘のお稽古場を、みました。あっきーさんの白ジャケットは、ボディにブロウだと、心から思いました。